コラム

まもなく医学部入試本番、東京で医学部受験を考えている方、東京で医学部予備校をお探しの方へ

こんにちは。

TMPS医学館代表の長澤です。

早いものでTMPSで毎年実施している正月特訓も先日終了し、これから共通テストそして私大医学部の入試本番へと向かいます。

TMPSでは、生徒も終電間際まで頑張って勉強していたし、講師も日によってその時間まで生徒対応をしてくれていましたので、一丸となって合格を目指しています。

さて、前回私が大学で研究室を持っていたときのお話を始めましたので、その続きを書きます。

研究室の新入生たちが部屋に戻って、雪の粉をはたいてあらためて部屋を暗くして外を見ると、本当に美しいのです。

1メートル以上積もった雪が月明かりに照らされ、キラキラと輝いているのです。それを見ないで部屋に戻ったら、テレビを見ますか?

外の美しさとテレビを見る、あなたはどちらを選びますか?

ということなのです。この世の自然を体いっぱいに感じてほしいのです。

新入生は皆最初は何故こんなことをするのだろうと思うのですが、「本当に先生の研究室に入って良かった」と涙ながらに卒業していく姿を見ると、私も感激の涙を流してしまっていました。

皆に、幸せになってねと祈っていました。

さて、今度は夏の話をしましょう。

私は大学で教鞭を取りながら且つ、予備校にも教えに行っていたのです。

ある海に近い予備校の夏期講習のとき、午前中が空いたので生徒たち(高校3年生)に、「授業前に「皆で海に行こうか?」と提案をしたら、男子女子合わせて10名くらいが集まってきて、コチラがビックリしてしまいました。

何故?って、今の若者はあまり外に出たがらないし、日焼けがどうだこうだなどと言う子たちばかりだからです。

「さぁ、皆で海だ」楽しいですね!

海岸に着くと直ぐにスニーカー・ソックスを脱いで波打ち際に行って海水を膝まで浸ると、口々に、

「気持ちいい!」

「最高ー!」

などと叫んでいます。

あれ?数人の男子が居ない・・・どうしたのかな?

と後ろを振り返ると、砂浜の手前のコンクリートの階段で座っています。私は波打ち際から手で「こっち来い!こっち来い」と合図をしても分からないみたいで、しょうがないのでコンクリートの階段まで戻ることにしました。

そして、「どうした?来ないの?気持ち良いぞ」と聞きます。すると・・・

「気持ち悪いよ・・・」

「えー???」

次回をお楽しみに。

ピックアップ記事

  1. 予備校に通う価値は「大きな器に合うように成長できる」こと
  2. 【図解】1カ月で医学部一発合格できる、魔法のスケジュール
  3. ときに「ストレートで合格しないほうがその子のためになる」と思う理由
  4. 私たちと両親がタッグを組むことが、医学部受験成功の条件
  5. 「一流講師陣」という触れ込みの裏にあるリアル

関連記事

  1. コラム

    2021年度東京女子医科大学医学部 一般推薦型選抜にて合格!!

    今年も推薦の結果発表の時期となり、TMPS医学館でも東京女子医科大学…続きを読む

  2. コラム

    帰国子女・医学部入試対策

    間もなく海外の高校や大学で勉強されてきた方が卒業を迎…続きを読む

  3. コラム

    2020年度金沢医科推薦入試 最後まで諦めないで見事合格!

    今年も推薦入試の合格者が出て参りました。キーワードは「最後まで諦め…続きを読む

  4. コラム

    後期入塾生受付中

    いよいよ9月に入りました。2022年の医学部入試まで…続きを読む

  5. コラム

    2021年度のスタート

    既に4月も中旬、来年1月の医学部入試まで9ヵ月となりました。…続きを読む

  6. コラム

    G・W特別合宿

    世間一般では、明日からG・Wで最長10連休の人もいる中、受験…続きを読む

ピックアップ記事

無料資料請求
PAGE TOP