医学部受験について知る

トップクラスの学生と普通の学生の違い

偏差値が60を超える学生でも、1年間、それこそ脇目も振らず、勉強=カリキュラムに没頭しないと医学部合格は無理です。

予備校に通ったほうがいい最大の理由は、予備校の持つカリキュラムそのものです。
偏差値も高く、勉強する習慣が身についていて集中力も高い学生は、必ずしも予備校に通う必要はないのですが、やはり効率が違ってくるわけです。
予備校で切磋琢磨すれば、1年で受かるものが、独学では2年かかるかもしれないのです。
 
できる学生と普通の学生では、先生に対する質問の質も違ってきます。
できる学生は、その問題のいわば本質に関する質問をしてきます。
そういう質問も独学ではする相手がいません。
 
また普通の学生の質問の多くは、たった今、授業でやったことを改めて聞いてきます。
聞いていても一度ではわからなかったのではなく、結局は聞いていないのです。
だからまた聞かざるを得ない。
もちろんそれも問題なのですが。
さらにやっかいなのが、やはり偏差値55〜60の学生です。
 
彼らはある程度の学力を身につけているので、つい先へ先へと進みたがり上滑りする傾向が強いのです。
そこで、どんな質問をするかと見ていると、問題集を持ってきていくらか難易度の高い問題を指し、その答えを聞いてくるのです。
少しわかっているものだから、早く偏差値60以上になりたいと思う。
これが問題なのです。
 
そういう時は「君はこの問題ではなくて、(もっと基礎的な)こちらの問題を覚えなさい」と指導することにしています。
 
両親も本人も含めて、多くの人は勉強の成果というものは、リニアで右肩上がりに伸びていくと考えがちですが、それは間違いです。
成果は大きく下に膨らんだ放物線で上がっていきます。
基礎ならば基礎を 9 割以上理解して覚えないことには、加速度的に伸びていかないのです。
つまり、急カーブで上がっていく段階に至るまでには、長い道のりがあるということです。
決して近道はありません。
 
偏差値55というと、その9割覚えなければいけない基本をせいぜい7割5分しか覚えていません。
合格するためには9割5分の理解が必要ですから、7割や8割では絶対に医学部は受からないのです。
ところが7割5分、あるいは8割わかると、人間はわかったつもりになってしまうところが怖いのです。
 
たとえば、問題集を解いて、自分で答え合わせをします。
すると、いくつかの問題を間違えているにもかかわらず、答えを見れば「あ、そうだ」とすぐに理解できることが多いので、「大丈夫、これは知っている」と、まるで答えが合っていたかのように、自分に言い聞かせてしまうわけです。
それで 7 割 5 分が平気で 9 割正解に早変わりしてしまうのです。
次も当然間違える。
いつまで経っても頭に入らない。
そこが落とし穴なのです。
 
この領域を私はグレーゾーンと呼びます。
わかってはいるのだけど、覚えていない領域です。
多くの受験生は、焦るあまりに、このグレーゾーンを放っておいて、未知の真っ暗な領域に進もうとするわけです。
 
本来あるべき勉強方法は、そうではなく、グレーゾーンが真っ白になるまで繰り返し覚える。
そうすれば、それにつれて、徐々に真っ暗なゾーンがグレーゾーンに下りてくるのです。
そうやって先に進んでいくべきなのです。
 
そこが曖昧な子は、試験結果は常に「まあまあ」です。
できたかできないかが、はっきりしないのです。
しっかりと理解していないからです。
 
トップクラスの生徒はそうではありません。
どことどこは正解で、どこを間違えたか、試験後にはっきりと口にできます。
つまり、簡単に点数を計算できてしまうのです。

ピックアップ記事

  1. まずは知っておくべき 医学部が「狭き門」と言われる理由
  2. 「一流講師陣」という触れ込みの裏にあるリアル
  3. 君の「やる気」はどこにある? 自立心をもって強く生きよ
  4. “ダメ講師”の2つの共通点
  5. 予備校講師の質を決めるのは教科書ではわからない”マクロな視点R…

関連記事

  1. 医学部受験について知る

    2020年度 医学部 入試変更点

    今回は、2020年度の私立医学部入試に関して大きな変更点をお伝えして…続きを読む

  2. 医学部受験について知る

    まずは知っておくべき 医学部が「狭き門」と言われる理由

    医学部は他の学部と比較しても、かなりの難関です。私立大学であれ国立…続きを読む

  3. 医学部受験について知る

    「現役生と浪人生の合格率は同じ」は本当か?

    予備校や大学などの教師を合わせて35年の間、私は教壇に立っています。…続きを読む

  4. 医学部受験について知る

    医者がますます必要な時代に続く医師不足

    現在、日本には医学部が80あります。内訳は国立43校、公立8校、私…続きを読む

  5. 医学部受験について知る

    予備校から医学部に合格する確率は20%

    医学部への合格は、どの大学であれ非常に難関であり、たとえ頭の回転が速く…続きを読む

  6. 医学部受験について知る

    2020年度 医学部 受験日程 今年のポイントは2次試験

    2020年度医学部入試の日程を今回は見ていきましょう。私立医…続きを読む

ピックアップ記事

無料資料請求
PAGE TOP