予備校の選び方

  1. 超高齢社会における医学部予備校の使命

    超高齢社会となった日本。ますます医療が求められる時代に必要な医者とは、どのような医者でしょうか。人の命を預かる大事な仕事ですから、それなりの報酬は当…続きを読む

  2. 一番多い親のパターンは〝過保護で子供をダメにする〟

    生活習慣の問題には、主に親が元凶という場合と、自分自身の問題、さらに男性、女性固有の特徴が含まれます。 今回は、それぞれを見ていきたいと思います。 …続きを読む

  3. 数学・春山先生の話「いかに効率よく、必要なものだけを教えられるかを考え抜く」

    数学・春山先生の話「いかに効率よく、必要なものだけを教えられるかを考え抜く」TMPS医学館が他の予備校と決定的に異なる点の一つは、精神的、肉体的な教育を…続きを読む

  4. 予備校講師の質を決めるのは教科書ではわからない”マクロな視点”

    今回は、優秀な講師とそうでない講師の差について改めて紹介します。一番の差は、優秀な講師は物事をマクロで捉えた上で、生徒にはミクロのことを同時に教えること…続きを読む

  5. “ダメ講師”の2つの共通点

    せっかく予備校に通うのであれば、すばらしい講師から教えをうけてほしいと思います。そのためにまずは、今回紹介する「習ってはいけない講師」の見分け方を知ってくだ…続きを読む

  6. ハズレを引くリスクを減らすための予備校の選び方

    予備校のうたう"合格率"を信じてはいけない理由や「一流講師陣」という触れ込みの裏にあるリアルのコラムをご覧いただけた方は、予備校によって、その質にバラつきがある…続きを読む

  7. 「一流講師陣」という触れ込みの裏にあるリアル

    医学部予備校業界ではしばしば、契約内容不履行ではないかと思うような話を耳にすることがあります。典型的なのはやはり、講師の質です。予備校講師の質は、前…続きを読む

  8. 予備校のうたう”合格率”を信じてはいけない理由

    予備校の言っている合格率は、信じてはいけません。これには本当に嘘が多い。どう考えても、8割や9割の、ましてや100%の生徒が、特に医学部の場合、合格など…続きを読む

ピックアップ記事

PAGE TOP