医学部受験について知る

  1. 医者がますます必要な時代に続く医師不足

    現在、日本には医学部が80あります。内訳は国立43校、公立8校、私立29校です。長らく新設の声を聞くことのなかった医学部ですが、ここにきて久々に新たな動きが…続きを読む

  2. 予備校に通う価値は「大きな器に合うように成長できる」こと

    多くの医学部には面接試験があります。特に私立大学の医学部はすべて面接が課されます。面接には、個性が問われます。おうむ返しにどこかの参考書を丸暗記した…続きを読む

  3. 医学部が“文系学部”である理由

    医学部は単純に受験科目でいうと英語と数学、そして化学、物理、生物のうち理科2科目なので、4科目のうち理系3科目、非理系1科目になり、割合でいうと3対1だから理系…続きを読む

  4. 定員と費用からみる 医学部受験の実態

    医師を目指す皆さん、そして医師を目指す子を持つ皆さんに知っていただきたいことは、医学部受験の実態です。全国の大学の医学部が募集する人数は、国公私立合わせても…続きを読む

  5. 「現役生と浪人生の合格率は同じ」は本当か?

    予備校や大学などの教師を合わせて35年の間、私は教壇に立っています。予備校は大手予備校でも、医学部予備校でも教えてきました。その経験からつくづく思ってい…続きを読む

  6. 一番の難関は偏差値65の壁

    私立の医学部に入学するには莫大な費用がかかることは、皆さんご存じの通りでしょう。とはいえ、「お金がありさえすれば簡単だ」というわけではありません。あくま…続きを読む

  7. 〝優等生〟こそ陥りやすい、直前対策の落とし穴

    予備校では、授業後に質問をする学生は決して少なくありません。その大半が、偏差値59程度の、一般的に〝優等生〟とされる真面目な学生たちです。彼らの質問の中…続きを読む

  8. 12月は大学受験において、どのような時期か?

    大学受験の大詰め、12月到来。いよいよ受験日当日まで1カ月となりました。そのタイミングで「もうダメだ。もう間に合わない」と嘆いても始まりません。…続きを読む

  9. まずは知っておくべき 医学部が「狭き門」と言われる理由

    医学部は他の学部と比較しても、かなりの難関です。私立大学であれ国立大学であれ、日本中を探しても、難関でない医学部はない、といっても過言ではありません。…続きを読む

  10. トップクラスの学生と普通の学生の違い

    偏差値が60を超える学生でも、1年間、それこそ脇目も振らず、勉強=カリキュラムに没頭しないと医学部合格は無理です。予備校に通ったほうがいい最大の理由は、…続きを読む

ピックアップ記事

PAGE TOP