勉強法

夏から始める医学部受験

これから、本格的に受験に向かって気合いを入れようと考えている受験生も多いのではないでしょうか。さて、夏から具体的に医学部の受験を本格的にやっていこうと考えた場合何をしていく事がベストなのかお話ししたいと思います。

まず、はじめに私立医学部のどこかしらに合格するという基準でお話しします。現時点での成績がどれくらいあるかが1つのポイントになってきますが、8月時点でセンターレベル平均60%以上が取れない場合には要注意です。

この場合基礎学力が、決定的に不足している可能性があります。8月以降は過去問を中心とした演習をベースにしていきたいので、問題集などは夏までに1通り終わらせていることが理想です。

もし仮に、現時点で1通りの範囲が履修できていない場合には、とにかく問題集やテキストなどを解きこんで終わらせてしまいましょう。科目にもよりますが、2~3週間集中して重要度の高い問題に絞って取り組めば終わらせることができます。

1通り履修した後は、過去問を中心に解いていきます。まずはじめに、取り組むべき大学は川崎医科大学、金沢医科大学、埼玉医科大学が有力です。

マーク方式で、医学部の中では比較的難易度が易しい大学です。基礎的な問題も入っているので、まずはこのランクの大学を解答してみてどれくらいの正答率が出せるのかを見てみましょう。実際には、受験しない大学かもしれませんがまずはこのレベルで各年度の合格最低点が出せないと次のステップには行けません。

合格最低点に届かない場合には、間違えた問題を注意深くチェックしましょう。分野をリスト化すると良いでしょう。恐らく解けない問題の傾向が見えてくるかと思いますので、その分野を問題集に立ち返ってもう一度学習してみて下さい。

そして、何セットも解くことが大切です。過去問を解く時に、最新版の2、3年分で満足してしまいますが1校につき5~6年分は解きましょう。そして解いた問題の中で、できないものをしっかりとピックアップしながら振り返る事が大切です。採点だけをして満足して先にむやみに進むことだけは避けましょう。

このプロセスを繰り返すことで、かなりの量の過去問を解くことになります。最終的に30セットから40セット解いてしっかりと振り返りができていればかなりのストックになると思います。

それぞれの相性もあるかとは思いますが、特に指針がない場合には問題集ベースは早めに終わらせる。実際の試験問題を使いながら自分に何が足りないのかの発見を繰り返すことで、合格を目指しましょう。

医学部受験予備校 TMPS医学館 慈性 幸佑

ピックアップ記事

  1. 私たちと両親がタッグを組むことが、医学部受験成功の条件
  2. 〝本番力〟を最大限高める、医学部受験日前日~当日の過ごし方
  3. 医学部が“文系学部”である理由
  4. 数学・春山先生の話「いかに効率よく、必要なものだけを教えられるかを考え抜く」
  5. 私が生徒の保護者に求めること

関連記事

  1. 勉強法

    受験問題、解答力アップの秘訣【後編】

    前編で生物の例を挙げましたが、同様のことが数学にしても、英語にしても、…続きを読む

  2. 勉強法

    「受かるための直前対策」を行わなければ、合格通知は手に入らない

    ひとつ、事例を紹介します。体育会系の青年で、4月の入塾当時は極…続きを読む

  3. 受験問題、解答力アップの秘訣【前編】

    勉強法

    受験問題、解答力アップの秘訣【前編】

    さて、1冊で基本、中級、上級が全部入っている問題集を解く際の心構えを今…続きを読む

  4. 勉強法

    なぜ、問題集はバランスよく複数冊解くべきか

    問題集の昨今の傾向について解説しておきましょう。私自身、頼まれ…続きを読む

  5. 勉強法

    最後の最後に教科書を読み返すべき理由

    これまでしっかり勉強をしてきた学生も、1カ月で医学部一発合格できる、魔…続きを読む

  6. 勉強法

    受験勉強におけるコーチングとは?

    勉強の集中力が持たない。何をすればいいのかわからない。などというお悩…続きを読む

ピックアップ記事

無料資料請求
PAGE TOP