マインド・生活習慣

学習効果を高めるカギは、集中力を持続させること

勉強には当然、集中力が必要です。
その集中力が生涯の中でも最大限に要求されるのが受験前1カ月です。

個々の学生の集中度は、私たち教師には手にとるようにわかります。
たとえば授業である説明をします。
ある問題をいかに捉えて考えるべきか、といった説明をするとします。

答え合わせなどより、よっぽど大切な内容です。
なぜならば、そこがわからなければ、ある特定の問題の答えは覚えていたとしても、そこから派生、波及するさまざまな問題にまったく対応できないからです。

教師、とくに予備校や塾の講師は当然、入試問題を意識しながら教えていきます。
どの参考書にも書いてあるような部分ではなく、もっと根本的な部分、つながりであったり、一見、枝葉末節に見えるけれども大切なポイントです。

答え合わせではなく、まさに授業をしている、大切な講義をしているそのときに、真剣に集中してその話を聴ける学生と、聴けない学生がいるのです。
私たちは教えるプロですから、その教室に何十人いようとも、すぐにその学生を二分して把握できます。

その見分け方は簡単です。
集中して聴いている学生は、微動だにせず、私を見ています。
しかし、そうでない学生はやたら動きます。
無意味にノートやテキストのページをめくってみたり、あらぬ方向を見つめていたりします。
明らかに他のことを考えているわけです。

受験勉強のポイントを理解してきた学生や、そもそもできる学生は、前者です。
どこが大切なポイントかがわかるのです。
そして、両者の間では、その後の成績の伸びはものの見事に違ってきます。

一にも二にも、大切なのは集中力。
そして好奇心。
全体を見渡す力です。

それが良い習慣、あるいは悪い習慣を生みます。

伸び盛りの学生、あるいはそもそも頭の良い学生は、ひとつの問題を見るにも、くまなく見ます。
問題文を注意深く読むのはもちろん、グラフもまんべんなく必死に吟味します。

そうした集中力が常に重要です。

これは意識して行うというよりも、習慣化が大切です。
この習慣がないと、どうしてもいい加減になりがちです。
問題をじっと凝視して、集中しようとするのですが、すぐに集中を解除してしまいます。
すぐに気が散って、違うこと、どうでもいいことを考え始めます。
常に問題に集中しないわけではありませんが、途切れ途切れの集中では理解力や判断力はつきにくいものです。

こうした状況を私は、目が泳ぐのと同じ趣旨で、「頭が泳ぐ」と言っています。
頭が泳げば、成績は上がりません。

問題なのは、本人が意識して頭を泳がせているのではなく、それこそ習慣で、勝手に頭が泳いでしまうのです。
だから、治しにくい。
今、現在の問題に集中する力が弱いのです。

これでは当然、受験には臨めません。
まずは現在の問題に集中するように心がけてみましょう。

ピックアップ記事

  1. まずは知っておくべき 医学部が「狭き門」と言われる理由
  2. 私が生徒の保護者に求めること
  3. 予備校講師の質を決めるのは教科書ではわからない”マクロな視点R…
  4. 予備校に通う価値は「大きな器に合うように成長できる」こと
  5. 医者がますます必要な時代に続く医師不足

関連記事

  1. マインド・生活習慣

    交感神経を刺激して、思考をクリアにする生活習慣のススメ

    まず、生活習慣を見直しましょう。多分、いろいろと間違って生活してい…続きを読む

  2. マインド・生活習慣

    受験生活は、私生活、さらには生き方そのものを変えるチャンス

    勉強をしているようで、していない。だから知識が身についていかないし…続きを読む

  3. マインド・生活習慣

    受験生タイプ別 精神状態と対処法【合計得点 25~35点】

    「受験生タイプ別 精神状態&直前対策チェックテスト」の点数が25~35…続きを読む

  4. マインド・生活習慣

    君の「やる気」はどこにある? 自立心をもって強く生きよ

    今の学生たちを見ていてつくづく感じることがあります。これは大学で教…続きを読む

  5. マインド・生活習慣

    医学部受験にみる性別ごとの弱点

    男女それぞれの最大の弱点について触れておきます。女性の場合は、…続きを読む

  6. マインド・生活習慣

    直前1カ月に心がけるべき2つの勉強習慣

    今回は、私が長きにわたって予備校生を見てきた経験から、特に受験直前期に…続きを読む

ピックアップ記事

無料資料請求
PAGE TOP