新着情報

結果が「見える」ところまで 踏ん張れ!

先日、TMPSでは高卒生の校内模試がありました。

その採点をしながら思うこと。
①6月頭ですぐに結果が出たら苦労しないよ
②まだ点にはなっていないけど力は着いているよ
③結果が「見える」ところまで 踏ん張ることが大事
という話をします。

まず、TMPSの生徒について言うと、
結構毎日朝から晩まで頑張っていると思います。

正直、生徒も講師もスタッフも、
基本的にはかなりの意味で、
量と質にこだわって日々こなしていると思います。
個人差はもちろんありますが。

そういう場合、当然ですが、頑張っていればいるほど
すぐに結果を求めたくなります。

しかし、力はついてきていても「点」には
まだ出てきていない、ということがあります。

そこで注意したいことは、結果が出ていない場合に、
それで諦めないことです。

とくにマーク式テストの場合が特にですが、
答えが合わないと点にはなりません。

でも、採点をしていると、
「あ~、ここまでは出来ているのにもったいないな。」とか、
「この問題は手が付けられるようになったか。」と点には表れない
答案上の伸びしろ を発見出来ます。

けど、どうしても保護者の方や受験生本人もそうですけど、
テストの結果(数値)という、見た目で左右されてしまいます。

「お前はダメだ」と思ったり、(親の立場)
「俺はダメだ」と思ったりします。(本人)

よい偏差値が出れば得意だと思うし、悪い偏差値が出れば苦手だと思う。

数値ももちろん大事なのですが、今日の話のテーマとしては、
頑張っている人が、結果が見えてこないために伸びてないと思って諦めてしまう、
ということを阻止したいというところがポイントです。

結果がしっかり「出て」来るまで、信じてやり続けることが本当に
大事なので、そこを究極やりまくろー!と伝えたいです。

もちろん、結果に結び付いてないやり方になってしまっている人は、
やり方を変えた方がいいので、変えましょう。

結果に繋がらなそうなのに信じてやり続けるのは危険。

その判断が難しいので、やはりある程度プロに相談することが
よいと思います。

勉強は、実験です。

やる→改善する、やる→改善する、やる→改善する・・・

これをやり続けることで、
ある境地が見えてきます。

やっていると、
嬉しい時、
苦しい時、
悲しい時、

その浮き沈みの毎日だと思います。
そういうものです。

富士山頂が見える時をめざし、
再度リセットかけて、また今日からチャレンジ!

では、今日も一日頑張りましょう。

ピックアップ記事

  1. まずは知っておくべき 医学部が「狭き門」と言われる理由
  2. 難関合格への近道は「難解な問題に翻弄されない」こと
  3. 数学・春山先生の話「いかに効率よく、必要なものだけを教えられるかを考え抜く」
  4. 私たちと両親がタッグを組むことが、医学部受験成功の条件
  5. 医学部が“文系学部”である理由

関連記事

  1. 新着情報

    TMPS医学館に、続々と一次試験突破の声が届いています!

    TMPS医学館に、続々と一次試験突破の声が届いています!延べ人数で29…続きを読む

  2. 新着情報

    祝・川崎医科大学合格!

    本日川崎医科大学医学部の合格発表がありましたが、 TMPSの生徒か…続きを読む

  3. 新着情報

    岩手医科大学 一般推薦試験 合格!

    TMPS医学館の本科生から合格者が1名出ました!…続きを読む

  4. 新着情報

    2017年度医学部受験合格実績

    2017年度医学部受験の合格実績を掲載しています。…続きを読む

  5. 新着情報

    祝・埼玉医科大学(後期)合格!

    本日埼玉医科大学医学部(後期)の合格発表がありましたが、 TMPS…続きを読む

  6. 新着情報

    【合格は4月までで決まる】

    TMPS医学館では、人によってやってきた勉強内容や問題集等が違うので、…続きを読む

ピックアップ記事

無料資料請求
PAGE TOP