コラム

来年の医学部入試で合格を目指す方へ

4月に入り入学式を実施した大学も多いと思います。

昨年度の引き続き、2023年のTMPS医学館の最終合格実績は80%となり、また多くの合格者が出てくれました。

今年は特に終盤戦での合格が印象に強く、実に例年倍率が100倍以上にもなるような後期試験で、正規合格を勝ち取るといったドラマもいくつか生まれました。

特に入試期間中も手を休めることなく、試験があった日も帰りに校舎に戻って来て、次への試験の対策を最後までやり続けた生徒たちのほとんどが合格を手にしました。

その反面今年の補欠合格からの繰り上げは、都内人気校の入試日程や補欠合格公表日の兼ね合いもあったのか、非常に渋い年度となりました。

特に上位校である慶応、日医、慈恵の繰り上げ周りが近年の中では厳しい状況で、それに起因するように全体的に低迷したと感じます。

そして、来年の医学部入試で合格を目指そうと気持ちを一新して、再スタートを切ろうとしている方もいると思います。

間もなく前期がスタートしますが、今年悔しい思いをした受験生を何とか合格させるべく、私たちTMPS医学館も全力で取り組んで参ります。

今、通う予備校が決まっている方も、いざ通ってみて「何か違うな」と感じたことがあれば、一度TMPS医学館へご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 勉強以前に、“私生活を正す”ことが予備校の役割【前編】
  2. 超高齢社会における医学部予備校の使命
  3. 私たちと両親がタッグを組むことが、医学部受験成功の条件
  4. 予備校に通う価値は「大きな器に合うように成長できる」こと
  5. 最後の最後に教科書を読み返すべき理由

関連記事

  1. コラム

    英語・月村先生の話「英語は読解力や理解力を高める総合教科だ」

    英語・月村先生の話「英語は読解力や理解力を高める総合教科だ」数…続きを読む

  2. コラム

    G・W特別合宿

    世間一般では、明日からG・Wで最長10連休の人もいる中、受験…続きを読む

  3. コラム

    東京の医学部予備校をお探しの方へ

    3月も最終週に入り、私大医学部の補欠繰り上げ合格の周りも佳境…続きを読む

  4. コラム

    続々合格報告!!

    【更新】3月8日現在、2022年医学部入試も大阪医科…続きを読む

ピックアップ記事

無料資料請求
PAGE TOP